きものを着た後は

お手入れ法

きものを着ようと思っても、着付け代・美容院代・それに着用後のしみ抜き・お手入れ代等がかかるので着物はバツという声をよく耳にします。

そこで、それをクリアするには

1.自分で着れるようになる
2.自分でセットする
3.ある程度は自分で手入れする






・・・ということになります。



1.は当方又は着付教室で教えてもらえます。

2.は当方ではわかりません。

3.は基本的なことと知識があれば無駄な費用や失敗はなくなると思います。
自分でできるお手入れは?

まず、脱いだ着物・襦袢を衣桁又は着物ハンガーにかける

ハンガーに掛けたまま、ほこりを取る(衣類用ブラシ又はいらなくなった帯揚やスカーフなど絹素材のものが良い)

*シミ・汚れのチェック
*汗をかいていれば汗取り
*風通しの良い場所で1日以上陰干し

1.汗取りの方法

汗は放っておくと黄変の原因になります。
固く、固く絞ったタオルを汗を掻いた個所の上を叩いて(決して擦らない)汗分をタオルに吸い取らせるようにする。

汚れの場合も同様に。
取れない場合はすぐ、あきらめて、専門家に出してください。
(あれこれさわらず専門家へ!)

2.しわのばしの方法

必ず、当て布をしてスチームアイロンでしわを伸ばしてください。
金箔や金加工・刺繍のあたりは避けてください。
ふきや袖口など強く当てないように(風合いがなくなります)
金加工や樹脂加工・刺繍のお着物は柄の上に薄い和紙をはさんで保管してください。

自信のない方はここまでにしておきましょう後は専門家へ!

3.しみ抜きの方法

      
衿のファンデーションのシミはベンジンを綿のタオル等にたっぷりつけて、叩くよう
にして、擦る(生地の横方向には絶対に擦らない)
輪じみがでないように周囲をぼかすようにふき取る。
袖口・裾なども同様

食べ物シミやひどい汚れは手をつけず、専門家に任せる。
着物は横方向には決して擦らない。
(反物の巾方向に擦ると生地にスレ・ケバが出来、修復不能になります。)

訪問着や・留袖等お食事がつきもののお着物は
パールトーン等ガード加工しておかれることをお勧めします。
縮緬など縮みやすい素材も同様です。

約一日、陰干しした後、畳んでたとう紙に入れて保管してください。
一番効果的で簡単な虫干しはきものを着る事です。きものを着ましょう!





京都市西京区桂坤町28-8
075-381-9410 FAX075-381-9415

着物はぎれのWebショップ ひのや絹裂堂

(株)日野屋 門谷晴雄


hinoya@mediawars.ne.jp
http://www.kyo-ori.com/hinoya/
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81292/