きものは、めんどくさい!?
きものの原料、お蚕(かいこ)さんについて
天から授かった貴重な虫ということで蚕という字を書きます。そして、蚕は「飼い蚕(こ)」つまり、人間が飼育する虫であるのです。

戦前まで、日本の農家の多くが養蚕をしていました。田畑の収入の他に、養蚕は現金収入につながる重要な副業だったのです。そのため「お蚕さん」と敬称をつけて呼ばれていました。
最近の蚕はカラフルだとか…
ウソですよ!
では、その蚕がどのように繭を作り、それから生糸が作られるのかを簡単にまとめますと、

種紙に産み付けられた1mmほどの卵は、冷蔵保存されていて必要な時期に取り出します。適温に保つと2週間くらいで3mmほどの幼虫となり桑の葉を食べながら、約1ヶ月間で4回脱皮し、4〜5cmに成長します。

やがて、体が透き通ってくると、頭を8の字に振りながら糸を吐き、楕円形の繭を作り始めます。その繭の中で、蚕はさなぎとなり、2〜3週間で蛾になって、繭を破って出て行きます。

しかし、繭を破られては生糸に出来ないので、繭が出来るとすぐ工場で熱処理、冷蔵処理などさなぎに犠牲になってもらう処理をします。それはさなぎを殺すだけでなく繭やさなぎの水分を取り去ってカビを防ぐためでもあります。

繭を湯の中で煮ると、繭がほぐれてきて糸口が出てきます。これを4〜7本集め、1本にまとめて引き出し、軽くよりを掛けた物が生糸です。

1粒の繭から約1500mの生糸が引け、1反のきもの地には、約3000粒の繭が使われます。その他帯や小物まで正絹だとやく10000粒の繭が必要になってくるのです。

きものには、四季があります。その原料は、通常正絹(シルク)です。そのシルクを作り出すのは蚕さんです。きものにも四季があるように蚕さんにも四季があります。春蚕(はるこ)・夏蚕(なつこ)・初秋蚕(しょしゅうこ)・晩秋蚕(ばんしゅうこ)で地域によっては晩晩秋蚕(ばんばんしゅうこ)、初冬蚕(しょとうこ)というのもあります。

春蚕は、成長盛りのやわらかい桑の葉を食べて成長します。5月上旬からおよそ30日かけて繭作りをします。成長は潮の干満と関係がありおおよそ1ヶ月単位だそうです。春繭から作られた糸は、柔らかくかつ艶があり最高級とされています。

6月中旬から7月中旬にかけて出来た繭が夏蚕の作ったものです。この時期の繭は脂肪分が多いので、少し硬い、帯の素材に適したものが出来るそうです。

初秋蚕は7月末から8月末にかけて出来ますが、暑くて蚕が小さく当然繭も小さく規格外の蚕が多く、また途中で繭を作るのをやめたりする蚕も多いそうで、糸ではなく和紙のようなものを作り別の用途に使用するそうです。

晩秋蚕は8月末からおおよそ40日かけて10月上旬に繭を作ります。蚕自体が成長しやすい季節なので、桑の葉自体はもうかなり硬くなっていますが、春蚕の次に良質の糸が出来ます。

糸に腰があって、手織り紬(代表的なものが結城紬)、特にいざり機(ばた)で織る糸に一番適しているそうです。ちなみに、いざり機とは、織り娘さんが自分の腰で経(た)て糸を引っ張りながら手織りをする一番古い型の織機です。

今や、各地の珍しい伝統工芸的な紬類や高級な呉服以外は上記のような原料は使われず、海外からの輸入に頼っているというの事実ですが、このように、われわれの先祖は蚕さんと密接な関係を持ち、それ故に生糸をとても大切にし、布を織り、その布を一寸たりとも無駄にしないように直線裁ちを考え、きものの形としてきました。

袖二枚、身頃二枚、衽(おくみ)二枚、衿二枚、八枚の布を縫い合わせるときものが出来ます。きものを解き八枚の布を縫い合わせると元の一枚になってしまいます。

このように、私たちの先祖が大事に作り上げてきたきものには、ロマンが一杯なのです。こんなすばらしいきものを着てみたいと思わない人っているのでしょうか?
きものって動きにくい、たたみにくい
昔の人は、電気洗濯機、掃除機などのない時代に、きもの姿で水汲み、掃除、洗濯などをされていました。
勿論、たすきをし、裾(すそ)捲(ま)くりをしながらでしたが。またモンペのようなものをはいていた時代もありました。

昔の逢引き(デート)というのは、男と女が並んで歩くのもタブー視される時代でしたので短い限られた二人の時間を持つのが精一杯で、その時の男性の移り香が消えないうちに、女性はきものを、内に内にたたんで行くのがロマンだったのです。

そのことを思うときものをたたむのは、ぜんぜん面倒ではありませんね。
きものって、着る時がないわー、たんすの肥やしやわー
 もちろん、フォーマルのきもの、例えば留袖や訪問着なんかは、着ていくところがなければ唐突に着る訳には生きませんが、紬のきものやおしゃれきもの(小紋など)は、着ようと思ったときが「着る時」なのです。


朝起きて「今日は天気がいいからきものを着よう」でいいのです。着る時はあなたが決めてください。

また、仕事に、家事に、子供の教育に忙殺されている現代人。普段は車で通っている道を休みの日にきものを着て歩いてみて下さい。

気づかなかった道端の草花や木々に目が行くでしょう。その瞬間に自然の素晴らしさや命の大切さなど普段には忘れていたものを思い起こすきっかけを得て、色々とリフレシュされるのです。

忙中閑あり、きものを着てリフレッシュする事も現代人にとっては、大切な自己管理のひとつの手段なのです。


 きものだけを目の敵にしないでください。いわゆる"いっちーょら"の服、いいとこに出かけるときの洋服も当然普段には着ない、はずなので箪笥にあるはずです。着ない洋服は普段着でも箪笥に眠っています。ということは、着ないものは洋服でも、きものでも箪笥に眠っているんですよ。

 だから出来るだけ、おしゃれ着を普段からどんどん着ましょう。そして、おしゃれ着だって、少し工夫して羽織を羽織ったり、ストールをしたりするとそこそこのフォーマルな場面にもいけるのですから。ギスギスした人間関係も、単調な会議も、難しい交渉もまた振り向いてくれなかった意中の人のこともきもののもつロマンティックな魅力ですべて上手く行くかもしれません。

でも、失敗してもきもののせいに、私のせいにしないでくださいね。

当店ホームページもご覧下さい。

京都市伏見区納屋町110-2

しんせつな京のきものやさん
AUTHENTIC 美しいきもの

小林呉服店  小林 満
TEL:075-611-0339