商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細

東レ トレシー メガネ クロス 源氏物語絵巻 「末摘花」

商品説明

石山寺蔵 源氏物語絵巻 「末摘花(すえつむはな)」(重要文化財)
「源氏物語」は、小説として読まれるだけでなく、絵画化され、多くの人々に愛されてきました。
石山寺所蔵のこの絵巻は、「末摘花」の全文を詞書とし、数多い源氏絵の中でも他に例のない場面が描かれていて大変貴重です。この場面は、故常陸宮の姫君(末摘花)に心惹かれた源氏が大輔の命婦に手引きを頼む様子が描かれています。

「源氏物語」について
源氏物語は、約1000年前の平安時代(9~12世紀)中頃に書かれた長編小説で、作者が紫式部であり、中流貴族(藤原 為時)の娘でした。物語は、全54帖で、内容から三部構成になっています。第一部は光源氏誕生から栄華を極めるまでで、巻名は「桐壷(きりつぼ)」から「藤裏葉(ふじのうらば)までの三十三帖です。第二部は、曇りなく幸せだったはずの源氏の暮らしに暗い影がさし、苦悩の内に生涯を終えようとするまでで、巻名は「若菜上(わかなのうえ)」から「幻(まぼろし)」までの八帖で、光源氏が登場するのはここまでです。そして第三部は光源氏の子の「薫(かおる)」と孫の「匂宮(におうのみや)」の世代の結ばれない恋の物語で、巻名は「匂宮(におうのみや)」から「夢浮橋(ゆめのうきはし)」までの十三帖です。
この物語は日本最古の傑作文学であり、登場人物の個性や微妙な心理的描写が素晴らしい文学作品です。

「紫式部」のプロフィールについて
紫式部は、超一流の歌人で教養の高い家柄(藤原 為時の娘)に生まれ、それ故自然に文学や教養に興味を持ち、和歌や漢字を習い、身につけました。
二十二才で結婚し、娘ができましたが、夫は早くに亡くなってしまいました。このことが彼女が源氏物語を書き始めるきっかけになったと言われています。そして、おそらく物語を書く事が彼女の夫を失った深い悲しみの慰めとなりました。
彼女は1005年に一条天皇の中宮彰子(ちゅうぐうしょうし)に宮廷で家庭教師のような役割の女房として仕えていました。それでも彼女は源氏物語を書き続け、うちに1007年から1008年頃には作品を書き上げました。

超極細繊維 東レ トレシー メガネ クロス 「源氏物語図」 全6種類

クリーニング クロスの決定版、トレシー レンズ クリーナーの主な特徴
1.よく拭き取れる
直径約2ミクロン(断面積比で髪の毛の1600分の1)の超々極細糸が、油膜汚れまでキレイに拭き取ります。

2.繰り返し使える
薬品等で特別な処理及び加工はしておりませんので、繰り返し使用しても優れた拭き取り効果を持続します。
汚れても、洗えば性能は元通りに。何度でも繰り返し使えます。

3.いろいろ使える
メガネ、サングラスはもちろん、カメラ、携帯電話の液晶画面、アクセサリー宝石、CD、DVD等に使用できます。
さらに洗顔用にも使用できます。

サイズ : 27cm × 24cm (色紙額に入るサイズ)

画像の額縁は商品に含まれません。

TORAY TORAYSEE Cleaning Cloth 'The Tale of Genji Suetsumuhana[Princess Suetsumuhana]'
The picture of the cleaning cloth is one of the scene of The Tale of Genji.
Hikaru Genji(Shining Genji) is asking a lady to be able to meet Princess.

Please note that this product does not include the picture frame of the image.

The Tale of Genji
The Tale of Genji was written around 1000 years ago in the middle of Japan's 'Heian Period'(9th~12th centuries).
The author was Murasaki-Shikibu, the daughter of a middle-class nobleman. While the story consists of 54 individual chapters, the Tale of Genji actually divides into three distinct parts. The first part tells the story of the principle hero, known as the 'Hikaru Genji', continuing from his birth to his best years when his power and achievements were at their height. The second part follows his later life, decline and final misery. The third part moves on to the generations succeeding Genji, the intertwining stories and tragic love affairs pursued by his son Prince 'Kaoru( and his grandson Prince 'Niou'). The tale is known as one of Japan's foremost literary masterpieces, and hailed for its subtle depictions of character psychology and individuality.

Profile of Murasaki Shikibu(978~1016?)
The lineage Murasaki Shikibu was born into had already produced some excellent poets and academics. It was therefore natural that she developed an interest in academia, and she received instruction in poetry composition and Chinese writing. At age 22, she married and had a daughter but her husband died quite suddenly. It is said that this was the time she began to write the Tale of Genji, probably to help overcome her sense of grief and loss. In the year 1005, she served at Court teaching the Empress. Nevertheless, she continued to write the Tale of Genji, an endeavor thought to have been completed in 1007 or 1008.

Features of TORAYSEE
"TORAYSEE" is a high-performance cleaning cloth utilising advanced microfiber technology by "TORAY".

"TORAYSEE" thoroughly removes not only small dust particles but also oily film, fingerprints and other residues safely.

"TORAYSEE" is recommended for cleaning plastic, glass and coated lenses; camera and camera lenses; compact discs; pearl  and jewelry; computer and TV screens and all surfaces requiring a non-streak highly polished finish.

"TORAYSEE" maintains its cleaning power after washing as it does not rely on impregnated chemicals to clean.

"TORAYSEE" is washable by machine or hand using a mild soap.

"TORAYSEE" can be ironed using cool iron.

WARNINIG: To avoid scratching, remove large particles before polishing with the cloth.

Size: 27 × 24 cm
Cloth material: Polyester 100%

 

店舗内商品検索

定休日のご案内

SunMonTueWedThuFriSat




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

※赤文字は定休日です